ミニマリストでコダワリストの食事情を紹介。今回は簡単ミールプレップ、脳と体に良い「キャロット・ラぺ」を作ったよ。

スポンサーリンク

f:id:simpletak:20170729222818j:image

ども、ミニマリストでコダワリストぎみのタツキです。

前回から紹介してる、ミールプレップ(食の単純化)の一環として「キャロット・ラぺ」を作ってみたので、報告します!

今回は、そのレシピと作り方

体や脳への効果

生活へのアプローチを紹介します♪

 

 

①レシピ

材料(4食分)

ニンジン:1本

酢:大さじ2

ブラウンシュガー:小さじ1

塩:ちょっと

ブラックペッパー:まじちょっと

パセリ:まじちょっと

オリーブオイル:大さじ1

 

②作り方

A:ニンジンを千切りにします。

僕は包丁でカットしてますが、

千切りスライサー使ったほうが確実に早いです。

ミニマリストぎみの僕は、欲しいけど買いません。

お気に入りの包丁を持ってると、切るのも楽しいです♪

使ってる包丁のリンクだしときます。

www.tadafusa.com

 

B:千切りしたニンジンの上に、

パセリ以外の調味料を全かけします。

あとは、お箸やフォークで和えていきます。

手でトス(まぜる)した方が料理人的にはあれですが、

保存で菌が繁殖するのは怖いので、できるだけ。

あとはそのまま食感を楽しんで食べても良いし、

時間をおいて、しんなりしても美味しいです。

盛り付けにはパセリを忘れずにね♪

保存は冷蔵庫にいれて、1週間以内には食べきりましょう。

 

③体や脳への効果

ニンジンジュースでダイエットするのが流行ってますが、

実はニンジンって脳と体に物凄く良い食材なんです。

ポリフェノールってみんな健康にいいって

聞いたことあると思うけど、

その1種のルテオリンってのが多く含まれてるんです。

ルテオリンは、抗酸化作用、抗アレルギ作用、

発がん抑制に効くのは有名で、さらに脳にも働きます。

ちょっと疲れ気味の脳によく効いて、

脳の活性化や、炎症を抑えたり、やる気を回復させてくれます。

そんなニンジンをたくさん、

ばっくんばっくん食べられるので

よく勉強する人や、仕事で疲労が溜まったお父さん、

受験生の僕ちゃんにかなりおススメです。

 

④生活へのアプローチ

作るのが簡単で時短もできて、さらに健康にもいい。

日持ちもするので、一度作れば小分けにして後日食べられる。

キャロット・ラぺはミールプレップの醍醐味を詰め込んだレシピでした。

一汁一菜も食の単純化としてはいいかもしれないけど、

やはり一食単位での栄養面に偏りが気になります。

キャロット・ラぺは栄養価も高いので、

日々のシンプルな食事に添える一品として、

常備してもよいかもしれません。

アレンジもききそうなので、機会があれば報告しますね♪

 

それでは、みなさんも豊かな生活を~ばいちゃ!!