初心者でも簡単!玄米のお手軽、簡単炊き方紹介!玄米は1ぶづきにするのが正解だった!

前回までの記事で、

玄米で集中力が上がるのは理解できました。

simpletak.hatenablog.com

でもやっぱり試してみようとまでは思わない。もしかしてあなたは、炊き方や食べ方は難しいし、手間がかかると思ってませんか?

大丈夫です。

忙しいビジネスパーソンでも、めんどくさがりの人でも、手間なし、簡単、最速で玄米のメリットを最大限獲得する方法、ありました。

今回は「玄米の効率的食べ方」を紹介させて貰います!

①準備する

まずは、必要なものを揃えます。とくにコレといって特別必要なものはありません。

準備するのは玄米と、炊飯器、水だけです。

ただここで、1つだけポイントがあります

それは、玄米を1ぶづきにする事です。

ただこれだけです。1ぶづきは、玄米の表面を精米機でほんの少しだけ削ります。見た目的には、左が普通玄米、右が1ぶづき。

f:id:simpletak:20170427004722j:plain

これが後で普通の玄米と比較して圧倒的な手間の削減、時短につながります。1ぶづきは、近所のコイン精米機で簡単に瞬時にできます。ちなみに、我が家にはコンパクト精米機があるので、今回は、こいつで1ぶづきにした玄米を使用しました。

②洗う

この1ぶづきにした玄米、玄米と同じで研ぐ必要が無いんです。さっと水を張って、表面のチリや埃を流すだけでいいんです。これが白米よりも手間なしで、忙しい人もメンドクサガリさんも嬉しいポイントだと思います。

③炊く

なんと、1ぶづき玄米は、白米と同様に浸水0秒でも美味しく食べることができます。表面の小さな傷から、水をぐんぐん吸って炊きあがってくれます。普通の玄米だと、炊くのに6時間も浸水時間が必要だったけど、これが無くなるってのは大きいと思います。食べたいときに、いつでもさっと準備できるってのが感動ですよね。

④食べる

f:id:simpletak:20170427182936j:image

まず、味は普通の玄米と同じで美味しいです。香ばしい、大地のいい匂いがふわっと鼻から抜ける感じがします。硬さは好みや水加減にもよるけど、お米で固めが好きな人は丁度いいと思います。もう少し柔らかめが好みの人は、水を増やしてみたり、余裕があれば、浸水時間を少しとってみても良いかもしれません。

⑤栄養とる

なんと栄養素は普通の玄米とほぼ変わりません。変わらず、低GI食品と言えますね。集中力に対する効果は、玄米と同じで期待できます。

さらに胚芽やぬか層がそのままついているので、ビタミン、ミネラル、食物繊維が沢山入ってるのも玄米と同じ。食物繊維に関していえば、白米の約6倍にもなります。こんなに楽して集中にも、健康にもいいってやつです。 

⑥まとめる

玄米を1ぶづきにするだけで、白米よりも手軽になっちゃいます。さらに栄養素は玄米と変わらず、集中力アップもできちゃう。玄米生活、もっと早く知っておきたかった。

是非トライしてみてね!!では!